居宅介護支援

ケアマネジャーの主な仕事

ケアマネジャーという言葉を耳にすることは多いと思いますが、実際、どんな仕事をするのでしょうか。ケアマネジャーの正式名称は介護支援専門員。介護を必要とする方々に、適切なサービスが受けられるよう支援する専門職です。要介護者とご家族の課題やニーズに合わせて介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、介護サービスの調整・管理を行うことが主な役割で、日々、次のような仕事を行なっています。

  1. ご相談、訪問調査、認定のための申請手続き代行。
  2. 課題・ニーズの把握、ケアプランの作成、計画立案。
  3. サービスの実施の評価。
  4. 費用の計算と国保連に給付管理票を提出。

こんな方はどうぞお気軽にご相談ください

  • 介護保険の説明やどんなサービスがあるのか聞きたい。
  • 家族で介護が必要になったので相談したい。
  • 一人暮らしなのでこの先不安だ。
  • 家族が入院したが、自宅に戻ってからどうしたらよいのか不安だ。
  • 介護保険のサービスを利用したい。
  • 家の中を動きやすいようにしたい。

※ ご相談の連絡を受けましたら、当事業所の説明とご利用者の状況確認のためご自宅もしくはご家族のご自宅等へ訪問させていただく事になります。
※ 訪問日時の指定、ご希望がございましたらご連絡ください。

福祉ネットワークさくらケアマネジャーの強み

福祉ネットワークさくらケアマネジャーのアセスメント力にきめの細かい気配りを合わせて100%のご満足をいただくために!!

ご利用者の心身的な状況、ご家族のご要望などにより、介護の課題は様々です。
私たちは、「今までこんな生活をしていた」「これからこんな生活をしたい」というご利用者・ご家族のニーズをじっくりお伺いし、最適なプランを立案し、計画、実施を管理していける介護支援のスペシャリストでありたいと思っています。

福祉ネットワークさくらケアマネジャーは遠慮がちなご利用者の想いやご要望をさりげなく聴きだすことが得意です。

あきらめないで!我慢しないで! お気軽にご相談ください。

介護保険サービスを利用するまで

PAGE TOP